RS232C、RS422、RS485 シリアル信号変換器のシステムサコム工業

信号変換器のシステムサコム工業


HOME > お客様サポート > よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)


Q.USB通信系(USB -485, -422, -232)のWindows 8、Windows 8.1、Windows 10 対応について

現在はシリアルナンバーに「RF」という符号を入れてWindows8以降対応版を出荷いたしております。
「RF」が入っている機器をお持ちのお客様はそのまま付属のVer5.0のドライバをインストールして利用可能です。
「RF」が入っていない機器をお持ちのお客様はUSB通信系(RS232C,RS422,RS485)製品のWindows8以降対応方法をご覧ください。

TOPへ


Q.USB通信系(USB -485, -422, -232)のドライバのインストールがうまくいかない。

「ftdiunin.exe」を聞いてくるなど、USB -485, -422, -232 ドライバ インストール が上手く行かない場合のほとんどが、以前に従来ドライバをインストールがあるPCの場合に発生しています。あるいはUSBシリーズでなくても別の機器をインストールした時に認知せずに同様のドライバ(FTDI社)をインストールしている可能性もあります。 下記の記事を参考に、ドライバを一度アンインストールしてください。
USB -485, -422, -232 ドライバ Ver4.0 インストールが上手く行かない場合の解消方法
USBシリーズ 仮想COMポート ドライバ アンインストール方法

TOPへ


Q.USB通信系(USB -485, -422, -232)変換器がPC起動時に認識されない。

多くの場合、COMポートの競合によってこのような現象が起こります。これらと競合しないCOMポートにUSB Serial Portを移動することにより、COMポートの競合を回避することができます。下記の記事を参考にしてください。
USB<=>RS232C/422/485変換器がPC起動時に認識されない
COMポート番号変更 USBシリアル通信ができない。原因がCOMポート番号のダブり(重複)

TOPへ


Q.RS232C、RS422、RS485通信で速度(ボーレート)が違う機器同士を接続させたい。

ボーレート変換器をご利用ください。
ボーレート変換器一覧

TOPへ


Q.複数台のバーコードリーダーを1台のパソコンに接続させたい。

バーコードリーダー統合器をご利用ください。

RS232Cバーコードリーダーの場合
USB-232C-BND2-P/USB-232C-232TW5-2
USB-232C-HIDUD-ADP/AC/DC

USB(HID)バーコードリーダーの場合
USB-HOD4-TO1-HID/USB-HOD4-HID-COM-ADP/USB-HOD4-TCOM-ADP

TOPへ


Q.232Cバーコードリーダーを複数台のパソコンに分配させたい。

バーコードリーダー分配器をご利用ください。

2分配
型番:SS-232C-NPSK2-B/USB-232C-BND2-B

多分配
型番:USB-232C-232TW5-2/USB-232C-232TW10-2/USB-232C-232TW30-2

TOPへ


Q.USB(HID)バーコードリーダーを複数台のパソコンに分配させたい。

USB(HID)バーコードリーダー分配器をご利用ください。
USB-HOB2-HID/USB-HOD4-HID-COM-ADP/USB-HOD4-TCOM-ADP

TOPへ


Q.SS-232C-NPSK2-PとSS-232C-NPSK2の違いは?

common側の入力コネクタが
・Dsub9Pin(オス)とDsub25pin(オス) か
・Dsub9Pin(オス)とDsub9Pin(メス) の違いになっています。
もともとSS-232C-NPSK2という機種だけの販売をいたしておりましたが分配機主体で考ると、ケーブルの選定(クロスかストレートか等)が複雑になってしまうことが多かったため、分配する物主体で選定が可能になるようPタイ プとBタイプをご用意いたしました。
これにより、基本的にはCOMMON側はストレートケーブルのまま分配することが可能になっております。

パソコン等DTEの信号を2分配する場合は
SS-232C-NPSK2-P+ストレートケーブル

周辺機器(バーコードリーダーなど)等DCEの信号を分配する場合は
SS-232C-NPSK2-B+ストレートケーブル

Dsub25pinの信号を2分配する場合は
SS-232C-NPSK2+ケーブルの選定

という選定をしていただいております。

TOPへ


Q.RS422、RS485、4線式RS485の通信に市販のLANケーブルを使いたい。

RS422、RS485、4線式RS485には決まった規格がない為、独自の結線をしなくてはなりません。
システムサコム製のRS422機器やRS485機器や4線式RS485機器にはほとんどの機種にRJ45のコネクタを搭載しております。

【RS485機器】
システムサコム製RS485機器のRJ45コネクタは市販のLANケーブルで利用できる結線を採用しておりますので全機種そのまま市販のLANケーブルで接続可能になっております。

システムサコムRS485機器RJ45コネクタ
番号 名称
1 +V または +Vio または NC
2 GND
3 -
4 TRD−
5 TRD+
6 -
7 GND
8 +V または +Vio または NC

【RS422、4線式RS485機器】
システムサコム製RS422/4線式RS485機器のRJ45コネクタはサコムAタイプとサコムBタイプという、独自の結線を採用しており、ほとんどの機種にどちらかのRJ45コネクタを搭載しております。
AタイプのコネクタとBタイプのコネクタを接続する際はそのまま市販のLANケーブルが利用可能です。
Aタイプ同士、またはBタイプ同士を接続する場合はコネクタ変換アダプタ「RJ45-RS422 CROS BOX」を介して市販のLANケーブルがご利用可能です。

システムサコムRS422/4線式RS485機器
RJ45コネクタ サコムAタイプ
番号 名称
1 +Vio または NC
2 GND
3 DATAIN- またはRxD-
4 DATAOUT+ またはTxD+
5 DATAOUT- またはTxD-
6 DATAIN+ またはRxD+
7 GND
8 +Vio または NC
システムサコムRS422/4線式RS485機器
RJ45コネクタ サコムBタイプ
番号 名称
1 +Vio または NC
2 GND
3 DATAOUT- またはTxD-
4 DATAIN+ またはRxD+
5 DATAIN- またはRxD-
6 DATAOUT+ またはTxD+
7 GND
8 +Vio または NC


AタイプのコネクタとBタイプのコネクタを両方搭載している機器もございますので、1対1の通信には大変便利になっております。
KS-422N-RJ45W
KS-422I-RJ45W
KS-485N-RJ45W4
KS-485I-RJ45W

TOPへ